バリ島噴火による空港閉鎖に直面

バリ島、アグン山の噴火がしましたが、

私たちが住む南部地区は、何も変わりなく生活を送っております。

ただ影響していることといえば、空港閉鎖

普通に生活している分には、何も関係ないのですが

なんと、リオはこの空港閉鎖に直面し、台湾からバリ島に戻れずにいます。

リオは17歳

17歳にして、噴火による空港閉鎖に2度の経験をしているのです。

今回のことを書く前に、前回の経験を書いておこうと思います。


あれは、2年前の7月でした。

当時15歳でした。

毎年恒例で行われている、AUSのディーバーで行われているOCCY GROM COMPに

参戦のため、TEAM CARVE IndonesiaでAUSへ向かったんです。

まぁ、その行くときも、トラブってしまって、飛行機乗り遅れちゃったんだけど。

その時は、ボスと一緒だったから、問題も難なくクリアして

大会をみんなで楽しんだわけです。


そして、大会が終了後、みんなバリに帰っていきました。

リオは、次にあるSkullcandyの大会に出場のため、みんなと別れた後、

QUIKSILVER ヨーロッパチームと合流して、レノックスへ

その大会も無事に終了し、リオは一人、バリ島へ帰る予定でした。

ところが、運悪く、確かロンボクの山が噴火して、空港が閉鎖に。

チケットは、ジェットスターのゴールドコースト→ケアンズ→バリでした。

とりあえず、ゴールドコースト空港へ行ったものの、

ケアンズ→バリへキャンセルのため、ゴールドコーストで足止め。

そのまま、一人タクシーを探し、またお友達のいるアパートメントへ。

そして、再び、次の日、空港へ向かうと、飛行機に乗れました。

無事にケアンズへ到着したけれど

やっぱり、ケアンズ→バリはキャンセル。

おいおい!どうするの???ケアンズに子供一人で。

周りにも数人、おなじようにバリにくお客さんがいたけれど

当時は、英語もそんなにできたわけではなかったけれど、

英会話塾に通っていたおかげで、そこそこの理解力があったリオ

しかも、運よく、ジェットスターのスタッフにお友達の彼女さんがいた。

その辺忘れちゃったけど、フェイスブックか何かで繋がっていたんでしょうね。

とにかく面倒を見てくれて、

ジェットスターがケアンズのノボテルに1泊させてくれました。

そして、ケアンズからバリ行は、いつ行けるかわからないから、ゴールドコーストへ戻れと。

結局、次の日の朝一、またケアンズからゴールドコーストへ戻され

ゴールドコーストでは、

CARVEのボスのお友達ご夫婦が、わざわざリオのケアをしてくださいました。

もうそのころには、オレ、いつ帰れるのかなぁ…なんて弱音も出てきて

いいじゃん、そのまま住んじゃえば~?っていう感じでした。

そして、再び次の日

今度は、ゴールドコーストからシドニーへ

そして、シドニーからバリ島へ

やっと戻れたのです。

よく一人で頑張ったなぁって思いました。

でも、それも本当にたくさんの方がたが助けてくださったおかげで有り、

なにより、全ての手配をしてくださったCARVE INDONESIAのボスのおかげでした。

私じゃ、英語出来ないから、無理無理!

このころからかなぁ…まだまだだらしないけど、しっかりし出したのは。


2年前の噴火による空港閉鎖に直面した思い出でした。

いつもたくさんの方々に助けられて生きていますが、

あの時は本当に、人間一人で生きていくなんて、絶対にできないんだなって実感した時でした。


そして、再び今回、また噴火による空港閉鎖時に、運悪く台湾からバリ島に戻る日でした。

2日間かな?空港は閉鎖されましたが、

本日、再開いたしました。


が、しかし、リオは未だバリに戻れず…

ちなみに、どうなるかわからなかったので、

とにかく台湾からマレーシアまで来なさいって言いました。

そしてマレーシアの空港で一夜お過ごし

さ、どこへ行ったでしょうか?

あなただったら、どうしますか?

クアラルンプールにバリ島行きが再開するまで待ちますか?

それとも、どこかへ移動しますか?

またこの記事は後ほど…


WAIDA Brothers

Rio Waida / 和井田理央★ Ryuki Waida /和井田龍貴 Diary by Mother BALI-Indonesia

0コメント

  • 1000 / 1000